営業時間

8:00~19:00 

 

定休日

日曜日、祝祭日

お問い合わせ

〒141-0033

東京都品川区西品川2-4-2

TEL: 0120-55-9235

お問合わせはこちらから

 

知って得する“マル得”情報

 

 

シミ、汚れについての“知っ得”

  

 

・1週間/A week  
  シミは1週間をめやすに、酸化が進み、急に落ちにくくなるんです。付いてすぐであれ、

  ほとんどのシミは落とせます。 シミが付いたら、できるだけ早くお持ち下さいね。

 

・アイロン/Ironing
  シミの中には、熱によって変化して、落ちなくなってしまうものがあります。
  1つは、卵、牛乳、血液などの「タンパク質」のシミです。
  もう1つは、ジュース類など多くの飲食物に含まれている「糖分」のシミです。
  シミが付いたまま、アイロンをかけると繊維の表面そしてすきまにまで焼き付いて、

  とても頑固なシミに変わってしまいます。
  アイロンはシミ、汚れを落としてからかけましょう!

 

・化学薬品/Chemical
  人間の肌には感じないほど弱いものであっても、化粧品は化学薬品なんです。
  「ヘアムース、ヘアスプレー」などの樹脂材は、生地に残ると汚れを接着して、

  とても取れにくいシミに変わります。
  「香水」はその成分のほとんどがアルコールです。素材や染料によっては、

  とてもとれずらい輪ジミになることがあります。
  「除光液」は、アセトンという溶剤が主成分でアセテート、トリアセテートを溶かして

  しまいます。 爪のお手入れの際は十分に気をつけて下さい。

 

・目に見えないシミ/Invisible
  “汗”のシミには塩分やアンモニアなどが、“お酒、ジュース類”には糖分とアミノ酸
  が含まれています。 いずれも乾くと見えなくなってしまうシミですが、時間が

  たつとしっかり出てきます。 ドライクリーニング+ウェットクリーニングの

  Wクリーニング“さらり”でしっかり落としましょう。 黄変も防げるので安心です。

 

・カビ/Mold
  カビは真菌という微生物で、80%以上の湿度とウールやシルクのような蛋白質  
  が大好物。 シミや汚れがあれば、繊維を問わずどこにでも生えてきます。
  クリーニングをして、虫干し、除湿剤という、きちんとした、お手入れをしていれば

  心配いりません。

 

 

生地、素材についての“知っ得”

 

「ウィークポイント/Weakpint

 

・ワイシャツの接着芯地/トップヒューズ芯
  市販されているワイシャツの80%以上はトップヒューズ芯と言う接着剤(ボンド)を

  使用した芯地が使われています。 そのためクリーニングとプレスによって、

  エリ、カフス、前たての部分が収縮をします。

  また溶けだして、エリの剣先にシミが出ることがあります。

 

・綿ニット、アクリルニットは伸びやすい
  ニットは織物と異なり、繊維が自由に動きやすい構造になっています。 

  ウールのニットは縮むことはあっても伸びることはありません。

  綿ニット、アクリルニットは着用によって体にフィットして伸びます。

  デザインや編み方向によってはハンガーに掛けるだけで伸びてしまうことが

  ありますのでご注意を。

 

・純白の天使たち
  ウール、シルク、ポリエステル、綿、麻・・・多くの繊維は染色される前は、

  少し黄色みを帯びた「生成り」色です。 これらを輝く純白にする為に使われるのが

  蛍光染料なんです。

  しかし、この染料は直射日光にとても弱く、すぐにまた元の生成り色に戻ってしまいます。

  水洗いできるものは、洗濯工程で蛍光染料を加えることが出来ますが、

  ドライクリーニングではできないのが現状です。

 

 

家庭でお洗濯の“知っ得”

 

  「ドライマークの衣料品でも安心して洗えますよ!」がうたい文句の洗濯機や洗剤が

  沢山ありますよね。でも実際には、縮んでしまったり、色落ちしたり、などの

  トラブルが多数報告されているんです。

  ウール、シルク、麻、綿、レーヨンなど、繊維製品の多くは水を吸収する性質があって、

  これによって、型崩れや縮み、風合いが変わってしまうことがあります。

  これらの失敗は元に戻すことができません。

  ですから、大切なお洋服のお洗濯には私たちクリーニングのプロにお任せください。